建築家と建てるコンセプトデザインハウス

TEL 03-3950-0351/FAX 03-6382-668


寝室へおりる階段

2017/10/12

027

ハコノオウチは玄関の階段から直階段を上り、リビングを突き抜け、この白い廊下まで直線でつながります。リビングから階段3段ほど下がったところですが、左に入るとサニタリーがあります。

白い廊下の先は階段で1階へ下り、寝室につながります。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

置きバスのサニタリー

2017/10/01

029

2階にあるサニタリーですが、狭い間口巾の敷地に計画する中で、広い浴室にしたいため、、既成のユニットバスが配置できません。

そこで、浴室と脱衣室、トイレを一つの部屋にして全体をFRP防水で作ることにしました。

浴槽は置きバス式のリクシルの製品を採用。

白い壁はFRP防水で、天井の高さまで塗り上げています。

床はタイルを貼りました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ルーフバルコニー

2017/09/20

023

階段を上がったルーフバルコニーの様子です。

床はFRP防水を施し、その上にデッキ敷き込みです。

左右の壁も、隣家が見えないようにデッキ材で塀を巡らしています。

北向きのベランダの白い壁には、光が反射して、リビングに緩やかに光を届けます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

リビングから屋上テラスへの階段

2017/08/28

020

リビングから屋上テラスへ上がる階段です。

木造の階段で、手摺りはスチールパイプを加工した手作り。

廻りを囲まれた敷地なので、上空を切り取った屋上テラスの空は、貴重な風景です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ダイニングからの眺望

2017/08/18

019

ハコノオウチ01のダイニングからリビングを見下ろす様子です。

キッチンから見たリビング越しにはルーフバルコニーが正面に見え、ルーフバルコニーに登る階段があります。

ダイニングの高さとルーフバルコニーの高さが近いので、キッチンに立つと、外まで見渡せてとても気持ちの良い空間にできました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

家族の想いを叶える住宅デザインで人気の石川淳建築設計事務所のブログです

東京はもちろん全国からコンセプトハウスの設計をご依頼いただいている石川淳建築設計事務所では、ブログを更新しております。建築家の日常のエピソードから、設計した住宅の詳しい間取りやデザインまで写真にてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
石川淳建築設計事務所の住宅デザインは、ご家族の想いや理想を実現することをモットーにしております。対面でしっかりとお話をお伺いし、ご納得いただけるご提案をさせて頂きます。
石川淳建築設計事務所では設計を担当し、実際の建築は地元の信頼のおける工務店様にご依頼が可能ですので、東京に限らず、全国の皆様から設計のご依頼をいただいております。ブログをご覧いただき、気になった設計がありましたらお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP