建築家と建てるコンセプトデザインハウス

TEL 03-3950-0351/FAX 03-6382-668


スキップフロアでリビングとダイニングを別けます

2017/02/03

26_1354-2

リビングの天井高さは3.4mあります。

狭小住宅の類に入る家ですが、天井高さをたっぷりとって、開放感を確保します。

左の階段を上がった廊下の内部は子供室のベッド置き場の空間で、狭小子供室の縦方向の空間利用を助ける意味もあるデザインです。

手摺りはスチールパイプの製作物で、細くスレンダーにして圧迫感を無くしています。

お子さんなどは、この廊下部分に座って、足をブランとおろして座ればテレビを上から見ることもできそう。

階段上の椅子のあるとことは書斎コーナー。

27_1359-2

ダイニングからリビングを見おろしです。

天窓は西壁に沿って付けていますので、午前の光が壁に反射して明るくなるような位置にしてあります。

今回の床はお施主様選定のいつも使っている物と違って艶消しの黒タイルです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大窓のあるダイニング

2017/01/27

0w9p9261

ダイニングには景色を取り込む大きな正方形の窓があります。

川に面した立面側のため、思い切って大きく開口。

夏は隣家のアジサイが見えて、春は遠方の公園の桜も見通せます。

道路からは見上げ方向になるため、アイランドキッチンの腰壁が目隠しになって室内はあまり見えません。

28_1337-2

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スキップフロアのリビング

2017/01/16

22_1325

2階のリビングです。

半層上がったところがダイニングで、その奥がキッチンです。

右の階段を上がった廊下状のボリュームの下が子供室のベッド置き場になっていた部分になります。

リビングはウオールナットのフローリングで、床に座るイメージで壁に囲まれた落ち着いたスペースです。

左の白の壁にテレビを取りつけて、右の腰高の壁の前にソファーなどを置いて座るような配置を想定しています。

スキップフロアのダイニングの下は収納で、1階の寝室の吹抜に空いていた開口内の収納と同一の場所です。

0w9p9271

こちらは入居後の写真です。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

家族の想いを叶える住宅デザインで人気の石川淳建築設計事務所のブログです

東京はもちろん全国からコンセプトハウスの設計をご依頼いただいている石川淳建築設計事務所では、ブログを更新しております。建築家の日常のエピソードから、設計した住宅の詳しい間取りやデザインまで写真にてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
石川淳建築設計事務所の住宅デザインは、ご家族の想いや理想を実現することをモットーにしております。対面でしっかりとお話をお伺いし、ご納得いただけるご提案をさせて頂きます。
石川淳建築設計事務所では設計を担当し、実際の建築は地元の信頼のおける工務店様にご依頼が可能ですので、東京に限らず、全国の皆様から設計のご依頼をいただいております。ブログをご覧いただき、気になった設計がありましたらお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP