建築家と建てるコンセプトデザインハウス

TEL 03-3950-0351/FAX 03-6382-668


階段のデザイン

2016/01/07

14_3357-2 13_3356-2

前面道路まで見通せている玄関土間スペースですが、引き戸を閉めるとプライバシー確保ができます。

同時に気積も区切れるので玄関ドアのある空間を風除室としても利用できます。

さて、階段の下は収納につかっています。元々靴入れを想定していましたが、土間の段差の十数センチの高さのスペースがあり、靴をすっぽり収納できます。

この部分だけで家族3人分の靴をすべて収納できました。

お引越後は階段下収納は掃除機など別の収納としてお使い頂けて、収納量が多くて助かりますとお言葉を頂いています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年もよろしくお願いいたします。

2016/01/05

 

main2016年もよろしくお願いいたします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年は御世話になりました

2015/12/28

img13_042015年は御世話になりました。2016年もよろしくお願いいたします。

12月29日から1月4日までは正月休業となります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

広い玄関土間

2015/12/21

12_3334-2

通り土間の奧から玄関方向を見ます。

「もしかしたら将来小物を展示するギャラリーやお店ができたら」というお施主様の希望からスタートした土間空間ですが、もしその時が来たら、上がり框の上のフローリングの面に品々を展示したり、階段の段板に展示したり、また左の壁には棚をつけたりするような想定です。

そのため、壁には窓をつけず、白く広い面を確保しています。

右の壁の向こう側は1階のLDK空間です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

下レール無し3本引き戸 

2015/12/18

10_3295-2 09_3294-2

ファサードの大きな窓に面する玄関ホール部分とその奥を仕切る3本引き戸を開け閉めした写真です。

3枚のハンガー式吊り框(かまち)戸で障子は中空ポリカーボネートを採用。

外の光を白く取り入れます。

床は土間のためレールが凹んでいると砂などがたまるかもしれませんので、レール無しのピン式としています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 石川淳建築設計事務所
http://www.concept-house.jp/
住所:東京都中野区江原町2-31-13
第1喜光マンション106
TEL:03-3950-0351
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

家族の想いを叶える住宅デザインで人気の石川淳建築設計事務所のブログです

東京はもちろん全国からコンセプトハウスの設計をご依頼いただいている石川淳建築設計事務所では、ブログを更新しております。建築家の日常のエピソードから、設計した住宅の詳しい間取りやデザインまで写真にてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
石川淳建築設計事務所の住宅デザインは、ご家族の想いや理想を実現することをモットーにしております。対面でしっかりとお話をお伺いし、ご納得いただけるご提案をさせて頂きます。
石川淳建築設計事務所では設計を担当し、実際の建築は地元の信頼のおける工務店様にご依頼が可能ですので、東京に限らず、全国の皆様から設計のご依頼をいただいております。ブログをご覧いただき、気になった設計がありましたらお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP