建築家と建てるコンセプトデザインハウス

TEL 03-3950-0351/FAX 03-6382-668


玄関コートのある家

作品概要・作品コメント

玄関コートのある家

作品概要
所在地 茨城県
敷地面積 267㎡
床面積 102㎡
建物規模 木造2階建
構造 木造在来工法
作品コメント

玄関を中2階に設け、囲まれた庭に外階段でアプローチします。玄関庭は壁とドアで仕切られているため、広い道路からの視線や音を防ぐ事ができ、リビング空間は玄関引き戸を開け放って生活する事もできます。
中2階の玄関土間からは2階のリビングと1階の寝室群とへ分かれるジャンクションとして機能し、下にはご主人のための書斎コーナーがあります。
白いオウチ型の輪郭に黒い木箱を梁付けたような外観はユーモアを感じさせつつ、しっかりと個性を発信しています。

掲載メディア
渡辺篤史の建もの探訪2013年12月6日

PAGE TOP

玄関コートのある家・写真で紹介

外観
外観
クリックすると拡大します

三角屋根と黒い木箱が組みあわされたデザインは、シンプルで可愛らしくもあり、個性をしっかりと発進しています。

外観
外観
クリックすると拡大します

玄関は階段を上って黒い木箱のドアを入るようになっています。

玄関コート
玄関コート
クリックすると拡大します

黒の木箱の中は白い中庭空間で、床はデッキ貼りです。屋根は無く、空が見える開放的な玄関コートとなっています。引き戸玄関ドアを開けて、スキップフロアのリビングダイニングへ上がります。

玄関
玄関
クリックすると拡大します

玄関はモルタル土間となっていて、ここから半層上がるとリビングダイニングキッチンで、半層下がると寝室や子供室、サニタリーなどがあります。

リビング
リビング
クリックすると拡大します

リビングから、玄関コート方向を見ます。左右の壁の内側はキッチンと予備室で薄い木目のシナ合板貼り仕上げとしています。また、天井は外観にあったイエ型の形を表した勾配屋根で、天窓からは南の光が射し込みます。

予備室
予備室
クリックすると拡大します

リビングから壁をくぐった予備室は畳敷きとなっています。ちょっとしたお客様の宿泊にも使えるように、押し入れも備え、天井はリビングとつながっている事から、使わないときもワンルーム的なリビングの広がりの一部に見えます。

キッチン
キッチン
クリックすると拡大します

キッチンはTOTO製の白い扉をチョイスしました。
吊り戸棚は建築工事で製作し、建物のイメージを統一しながら、既製品のリーズナブルな点と使いやすさを取り込みました。

勉強コーナー
勉強コーナー
クリックすると拡大します

玄関下の勉強コーナーです。ご主人の仕事のスタディやお子さんの勉強机コーナーとして使います。

サニタリー
サニタリー
クリックすると拡大します

在来工法のお風呂は光庭付で開放的に設計しました。窓を開け放って露天風呂気分も。

入居後のリビング
入居後のリビング
クリックすると拡大します

壁掛けテレビを付けて、入居後の様子です。お子さんも増えて楽しい毎日の時間が流れています。

PAGE TOP